増え続けるBL蔵書の記録場所として。ほぼ漫画。
全体的に満遍なくネタバレ風味、感想は常に深夜のテンション。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SEARCH

書棚
BL×B.L.People
PR
<< 王子と小鳥(山中 ヒコ) | main | コル・レオニス-獅子の心臓 (車折 まゆ) >>
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | PAGE TOP↑
    シュガーミルク(蛇龍 どくろ)
    category: 蛇龍 どくろ | author: とき
    0
      JUGEMテーマ:BL漫画

      すごいPNだ。

      一冊を通して、やけにモノローグの多い漫画だと思う。
      気になる人はダメかも。
      私はそのモノローグと台詞廻しが素晴らしく好みだったので、全く問題ナシ。
      それよりも気になったのは、一貫して女の子の扱いがあんまり良くないところ。
      BLなので、女の子優遇の必要もないのだが、個人的には女の子とも仲良くしてくださいと思うのだった・・・。

      続きに各話の感想。


      「ホワッツユアネーム」
      素敵メガネ!の一言(おいおい)
      なに考えてるかよくわからんメガネ美人と浮き沈みの激しいコンビニバイト青年と、愛すべきバカ犬の、恋の始まり。
      の始まりの始まり、くらい。
      まだまだこれから、ってとこで終わってんのが逆に良い。きゅん。

      「虹の残り香」
      中学の先生と中学生、という苦手シュチュの筈なのに、これがまたえっらいツボだった。
      中学生がずば抜けて仙人ぽいところが勝因か。
      さっぱりしてるけど切ない。好きだ。

      「冬を待つ季節」
      読んだことあるなぁと思っていたら、[オヤジカタログ]掲載とのこと。
      あ〜・・・ブク●フで立ち読みしたかな。←
      しかし立ち読んだときも思ったが、最初の娘さん要らなくないかなぁ。
      あれのせいでカメラマンのおとうさんに普通に腹を立ててしまう。。。
      最後、帰ると決めたときも、全くもっておとうさんは娘さんのことを考えておらず(海外に二人で旅行する事しか考えてねぇ)、だったら出てこなくていいじゃない・・・とどうしても思う。
      のは、私が仲良し萌えだからなのか。。。
      描いたひとは、「大人になりきれない部分のある大人て、いとおしい」と書いておられるので、ダメさ加減の演出でもあったのだろうか・・・。うぅむ。
      とにかく旅と変化の描写が、とてもとても美しくて、素晴らしい。
      恋自体の描写はさらりとしていて、それもたいへん好み。

      表題作「ミルク」「シュガー」
      連作二つを併せて表題にしていて、へぇえ洒落てんねえ、と思った(おっさんか)。
      学生時代の受けの体が超素敵。
      攻めのひとは、若いくせに良さげな車乗り回しててヤな感じ(笑)
      同じシリーズの書き下ろしも良かったなぁ。

      「15歳」
      特筆すべきところナシ。
      驚くほど少女漫画で、逆におもしろいのかもしれん。私は好みじゃないけど。
      comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
      スポンサーサイト
      category: - | author: スポンサードリンク
      0
        - | - | - | - | PAGE TOP↑






        この記事のトラックバックURL : http://underbookworm.jugem.jp/trackback/4
        PROFILE
        ABOUT
        リンク・アンリンクフリー。
        コメント等、構ってくださると喜びます。


        現在ブクログで書いた感想を絶賛転記中。
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        LINKS
        ARCHIVES
        RECOMMEND
        OTHERS
        Blog people